明るく更年期生活

疲れやすい!起こりやすくなった!顔がほてる!なんか滅入る!更年期って嫌な響きですよね。その時期を上手く明るく乗り切る方法を考えていきましょ。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
リンク
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 更年期の正しい知識 | main | 30代の更年期? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
更年期の仕組みについて

ここに本文を記入してください。
 女性の卵巣は通常女性ホルモンを分泌しています。
 
加齢によりその働きがだんだん衰え女性ホルモンが分泌されなくなってくるのです。
ホルモンバランスを崩した状態はずっと続くわけではなく、体が徐々にその状態に順応してくるようになります。
その安定するまでの期間のことを「更年期」と言うように位置付けられています。
 
では具体的にはどの位の期間を指すかと言うと、更年期とは閉経する時期を基準にしてその前5年間から後5年間の期間を指します。
日本人の閉経がだいたい50歳位だと言われていますので例えば50歳で閉経した場合には更年期は45歳から55歳位になるのではないかとされています。
 
しかし、皆が皆これに当てはまるわけではなく、閉経の時期も更年期の期間も個人差がでてくるようになります。
 
では下記に更年期障害に関することを記述してみたいと思います。
卵巣の中には卵胞と呼ばれるものがあり、思春期の頃には数十万個と大量にあるのですが、その数も40歳を過ぎたあたりから減少しはじめ、50歳になるころには数千個しか残らないくらいに減ってしまうと言われています。
この卵胞が減ることにより卵巣の働きが悪くなってきてしまいます。
卵巣の働きが悪くなると女性ホルモンの分泌も少なくなってきます。
 
今まで女性ホルモンによりバランスが取れていた体ですが女性ホルモンが少なくなってしまったためにバランスを崩してしまうようになるのです。その影響は心身共にでるようになってきます。
 
これが更年期による症状です。


| - | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 14:07 | - | - | -









http://sasa-kounen.jugem.jp/trackback/16
このページの先頭へ